2006年08月17日

『靖国神社』参拝

参拝=社寺に参って神仏を拝むこと。(広辞苑)

毎年繰り返す靖国参拝問題。

内閣総理大臣が役職名で参拝するには、靖国神社はいろいろ問題が多すぎるヨ。
広島・長崎・沖縄・その他空爆などの慰霊祭すべてに参加しているのならともかく・・・民の犠牲は眼中にないのですかネ。

私は戦争には絶対反対です。 聖戦もやむなき戦争も・・・。

靖国神社は戦争の匂いがしすぎます。
いくら国のためとは言え、人の殺し合いをする兵隊さんをが美化され、神様となる神社を拝む気がしないのです。
わたしには、『靖国神社』が戦争マインドコントロールの総本山のように思えるのです。

その犠牲者(兵隊さん)を国は未だにだまし続けているようで・・・。

もちろん、わたしは戦没者慰霊碑や原爆慰霊碑などには手を合わせますヨ。
時代の犠牲者にはこころから哀悼の誠をささげます。


多くの命を奪った者が英雄。これが戦争。
やるかやられるか。国対国のルールなき殺し合いが戦争。
原爆を落とした爆撃機の機長がアメリカで英雄扱いされている。
勝った者が”正義”となる。
コレを異常としないといけません。
どんなことがあっても、戦争を美化する気にはなれません。

被害を受けた者から見れば、敵の兵隊は憎き仇。命令とはいえ実行犯。
あなたは、仇を英雄どころか神と祭り上げる人(国)と仲良くできますか?

20世紀の戦争の歴史の愚かしさを反省し、21世紀は共生の時代に・・・。

8/15は「終戦記念日」?「敗戦記念日」にした方が反省しているように見えるんじゃないの?

現代の戦争は簡単にゲーム的に起こりそうな気もします。これが怖いですね。
「過ちは繰り返さない」。
いま生きている者の責任ですよネ。



posted by ぽっち at 00:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 無責任な時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。