2006年07月18日

生ゴミ処理機

「家庭用の生ゴミ処理機。高まる関心!」と新聞に載っていた。
「業務用じゃないの!」「ほんと!」と疑いたくなる。
それと言うのも価格帯が7万円前後もする。
電気代やバイオ材など運転費用もかかる。

それでも欲しくなる状況ってなんでしょう? 
大家族で残飯が多くて処理に困っているとか???
何日もゴミだし出来ない状況が頻繁にある???
生ゴミの匂いが大嫌い???
肥料作りのリサイクルと考えている???
・・・定年で役立たずになった亭主の・・・。 おー、怖い。

実際、一般家庭で生ゴミがどれくらい出るのか。
家庭菜園でもやっているくらいの人なら土に埋めればいいだけの話。
野菜クズといっても・・・スーパーで買ってくる野菜ではそんなにでないよネ。 
だいこんの葉はついていないし、ほうれん草の根先もついていないヨ。
肉類は当然だが、魚だって切り身で、頭まで付いているのは小魚くらいなもんですよネ。
うちのゴミの大半はプラスチックとか紙類です。

家族で食べる量くらいわかりそうなもんだし、毎日生ゴミで捨てるほど作る(買う)バカがそんなにいるとは思えないよネ。
しかし・・・どんなゼイタクをしてるのかネ。

コレに助成金を出している自治体も多くあるんだとか。
コレってゴミ袋を無償支給するのと似ていませんか。
ある意味、コレは自治体の「無駄のすすめ」じゃーありませんかネ。
ひねくれた私は、業界との癒着などまで考えてしまいます。

ゴミ減量は生活の仕方・生き方・考え方から変えていかないとネ。
『もったいない』の精神を育てないとネ。
posted by ぽっち at 21:12| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 無責任な時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20991474
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。