2006年07月08日

めだかが生まれたよ。

小さなたまごから小さな命が生まれた。
よーく見ないと分からないくらい小さいけど・・・しかし、たしかに自分で動いている。
一匹、二匹、三匹、四匹、五匹、、、かなりいる。

人間がいくら頑張ったって、こんな小さないのちも作れないよネ。

「石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも」
なぜか、万葉集の歌が思い浮かびました。

めだかの子供たち。
小さくても懸命に生きようとしているヨ。


posted by ぽっち at 22:26| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。