2009年06月28日

家庭菜園をしながら・・・

日本の農業は、多品種少量生産があってるね。
家庭菜園的な農業が、理想かも?と思います。

自分の家で(地域で)消費する分なんて狭い土地でも十分。
穀物以外の、露地栽培の季節もの ならネ。


穀物は、外国の大農場と価格競争なんて、しないほうがいいよ。
自家消費分として、贅沢するか、高給ブランド化して、輸出するくらいの戦略でもいいんじゃーないのか?

しかし・・・。
残留農薬やら産地偽装やらのニュースには怒っても、農業に無関心な人が多いね。
店頭での、見栄えや値段には敏感だけど・・・。
作ってる人の手間や苦労なんて、意識にないみたい。

誰かが用意してくれたモノを、ただ 買って食べる。
誰かがつけた値段を、そのまま 価値基準とする。


今の日本人は、農業から離れすぎたカンジがしませんか?
モノを作る苦労、育てる苦労、これらを忘れた感があります。

かぼちゃの葉っぱもスイカの葉っぱも区別できない人が、いっぱいいるもんネ。

全国で、40万fもの耕作放棄地。
年間、2000万トンもの食料破棄。

「モッタイナイ」を外人に教えられるようになった日本人。
どうなんでしょう。


世界人口が65億、70億・・・と、・・・。

「所有」から「利用」への改正農地法も、その担い手不足じゃー”絵に描いたもち”ですよネ。

国防に、徴兵制度を考える政治家はいるけど、徴農制度を考えるような政治家は、まだまだ出てきそうにないもんネ。

[国が滅ぶときは、内部から・・・]と 言った賢人もいましたが・・・。


・・・、他人は他人。
コレでいいんでしょうね。ネ。
posted by ぽっち at 14:10| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 無責任な時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。