2009年12月15日

事業仕分けに思うこと

賛成と反対。
多くは、短期と長期の視点の違いでしょうか。

難しいね。

成果が、すぐに現れないものこそ、仕分け人の技量の見せ所。
未来の日本のため、大いに識見を発揮してもらいたいと思います。

ただ、当の役人が事業の重要性に的を得ないのでは、いい仕事ができるとは思われないよ。

目的を考え違いしているんじゃないかと思われる役人は、担当代えしなきゃネ。

国民の血税には、限りがある。
その国民の支持を得れなきゃ、単純に金はだせないヨ。

前年の予算が、ほぼ同額続いてきたことが異常だったんだよネ。

時代の変化スピードに遅れを取っている行政の仕事は、いくらでもありそうです。

新しく立ち上げたい仕事も、役目が終わった仕事も・・・。


政府の、事業仕分け人にエールを送っている一人です。


地方行政にも、「仕事仕分け課」を立ち上げてもらいたいネ。
仕事内容、費用対効果、人員配置、権限委譲、予算配分などなど、トータルに評価をする部署があってもいいと思うが・・・・。

どうでしょう。
posted by ぽっち at 21:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 無責任な時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。