2006年10月26日

必修科目の履修虚偽報告

「学校が”うそ”をつくのはいけないよネ。」と、言うより、ここまで蔓延しているのか?と愕然としました。
教育現場で・・・教育者が・・・ルールを無視してもいいんだと実践!!!。


「わからなければ・・・」、「見つからなければ・・・」、「捕まらなければ・・・」、、、何やってもいいの?
該当の学校の先生方は確信犯では? 
交通違反と同じ様な感覚なんでしょうか? コレは常習者の感覚なんですが・・・。

社会とのズレをごまかしでやろうとしたところが・・・マズイヨ。
学校(先生)がルールを無視したところが・・・マズイヨ。
コレを発端に又、いろいろ出てくるでしょうが・・・。
田舎でよい塾が少ないからとか、生徒や父兄の希望があったから・・・とか、オトナのずるさをこれ以上聞きたくないヨ。

成績がすべて? テストの点数で将来が決まってしまう? 
いい大学、いい会社、いい資格、、、コレ等がいい(楽な)生活・いい(りっぱな)人生へのキップ。 先生方もこんなことを決めつけていない?
・・・。
正直さ、やさしさ、おもいやり、礼儀、社会マナー、人生観、、、。 
本来、人間教育(徳育)は知育に優先すべきです。
頭のよい無法者なんて・・・とんでもなくダメですよネ。

最近の学校は予備校化していると言われていますが、先生方、これでいいんでしょうか? 
教育委員会はどんな役目(仕事)を果たしているの?
文部科学省はどんな国〔民〕作りを目指しているの?

ま、考えてみれば国歌・国旗に公然と反対し、それでも公務員として堂々と給料を取っている神経も、ソレを許している教育現場・行政もおかしすぎると思うけどネ。
今回の土壌はすでにあったってわけですネ。


「教育とは、、、」。
先生方も、もっと、もっと声をだして下さいヨ。
只の(最近問題化している)公務員と同じようになってはいけないと思います。

学習指導要領が悪いのなら、それを改正させる方が教育の実践でしょう。
学校制度が悪いなら・・・、受験制度が悪いなら・・・、家庭教育が悪いなら・・・、・・・。
教育改革議論にどんどん参加すべきでしょう。
悪戯や理不尽には頑として立ち向かう勇気が欲しいですネ。


教育は国にとっても最優先課題です。
『国は外圧で簡単には滅ばない。国が滅びるのは内からだ』。
『人は石垣、人は城』と言った武将もいたネ。
経済も、防衛も、愛国心(郷土愛)の強い、平和を愛する誇り高き国民さえいれば・・・。ネ。

日本国の最高の資源は”国民”なんですよネ。
世界に対して、「日本の誇りは『国民』です!!」と叫べたら最高ですよネ。
posted by ぽっち at 23:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 無責任な時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

孤立化を選んだ北朝鮮

どうして?・・・? 何で、素直になれないの?
不良化する時の子供のパターンに似ていません?

国際社会への挑発行為はなにが本当の目的なんでしょうか?
周りが騒ぐと少しは反省するのでしょうか?
それとも、付けあがりがエスカレートする?
約束も何も・・・北朝鮮には『信頼』の言葉は無いんでしょうか?
・・・いずれにせよ、国際世論は何らかの制裁に向かう。

日本人も覚悟がいるかもしれませんネ。
直接、北朝鮮からミサイルを撃ってくるとは思いませんが(撃った時点で国連軍?の攻撃の的になりますから・・・)、、、。

万が一にも攻撃を仕掛けるとするなら、、、社会を混乱させるため、テロを仕掛けてくることはあるかもしれない。
新幹線・官庁ビル・地下鉄・空港・発電所・高速道路・百貨店・浄水場・競技場・ガスタンク・・・。

日本なら、テロ班を紛れ込ませるのは簡単ですし、犯人が捕まらない限り、、、もし捕まったとしても自白か確実な証拠が無い限り、本国(北朝鮮)がすぐ攻撃されることは無いでしょうから。

今の、北朝鮮ならやりかねない気がしてきました。
平和ボケしている日本人ども!、早めに覚悟を!。

もちろん、この心配が現実にならないことを願ってはいますがネ。
posted by ぽっち at 23:36| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 無責任な時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

飲酒運転、同乗も懲戒免。

《大阪府泉南市は6日、飲酒運転をした職員と、飲酒運転と知りながらその車に同乗した職員を一律に懲戒免職とすることを決めた。
新たな規定では、事故を起こさなくても飲酒運転が発覚するとすべて懲戒免職で、二日酔いの場合で本人に飲酒運転の自覚が無い場合でも警察に摘発されると懲戒免職・・・。

「公務員は法律を率先して守るべき立場にある。」から。【読売新聞】》

厳しすぎると言う意見と当然と言う意見とどのくらいの割合になるのか知りたいもんですネ。

犯罪者(飲酒運転者も)は常習者が多いと聞きます。

最近、個人主義がはびこり、公(おおやけ)の倫理が小さくなっていた。
私は、公務の職にある者には特に当然の規定とおもいます。

公務員には模範的な社会生活者であることを望みます。

飲んべーの人たちには厳しい規定かも知れませんが・・・本来は個人の責任においてなんでしょうが・・・。
なんの落ち度も無い被害者のことを思うとネ。

コレが社会の浄化に繋がればいいネ。

posted by ぽっち at 16:39| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 無責任な時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。